部門紹介

後志西部人工透析センター

透析室

  平成29年9月4日(月)から「後志西部人工透析センター」を開設いたしました。
最新の医療機器とゆったりくつろげる環境のもと、安全で快適な透析医療を行って参ります。
概要につきましては、下記のとおりとなります。

名称:後志西部人工透析センター
受付診療科:内科
担当医師:後志西部人工透析センター長 三宅 建作
透析の場所:当院 6階
透析台数:11台
専属係員:臨床工学技士 4名、看護職員 4名

透析

※ 血液透析は、月、水、金でHD・オンラインHDFの稼働となります。
※ 実際の透析終了時間は患者様個々のご容態により応じることになりますので
   内科外来(三宅医師)および後志西部人工透析センターにてご相談させていただきます。

・昼食をご希望される患者様には実費にてご提供させていただきます。(消費税込一食300円)。
・透析治療には、病衣1着、バスタオル2枚(大・中)を実費にてご用意いたします。
・透析室で使用するスリッパ等の履物は患者様に準備していただきます。
・更衣用ロッカーを用意しております。
・寿都町、黒松内町、島牧村方面を含む8町村の患者様につきましても、送迎サービスをご利用いただけ
  ます。

なお、人工透析センターのお問い合せにつきましては、岩内協会病院内「地域医療福祉連携室」
までお問い合わせください。
TEL 0135-62-1021(代表)

このページのトップへ